2.たいせつなおはなし

 

豊かで便利な社会で育った私達の子孫は
たくましく苦難を乗り越え、力いっぱい生き抜いた経験がありません。

 

 

 

 






親の子育ても大変です。

教師は親を恐れ、大人達も関わりを嫌って
他人の子供に一切注意をしなくなり
親の力だけで子供を躾け教育していくしかありません。

また、不景気による夫婦の共働きは当たり前になり
様々な子供の問題が急増の一途を辿っています。

さらに、突然のパンデミックや異常気象が世界中の人々を襲い
想像もできないような激動の時代を
私達の子孫は生き抜いて行かねばなりません。

だから、ご家族を元気付ける愛情を何かの形にして遺しておくことは
今や必要にして不可欠な終活ではないかと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

「遺言書」は
法律で定められた方式で作成された覚書を遺すことによって
相続財産の承継における被相続人の意思を反映させるものです。

「自分史」は
自らの一生を自らの意思で綴った本です。

一方、『Educational will』のDVDは、
遺し逝くご家族の幸福を心から願い

その栄えある将来を応援するためのメッセージと
故人の笑顔と愛情をいっぱい詰め込んだ
動画による遺言です。

よって、財産に関わる記述や、自らの歴史を書き遺すような
「遺言書」や「自分史」とは
全く異なる性質のものになります。

 

 

 

 

 

 

 



Educational will』のDVDは
あなたがご家族に遺す、愛情あふれる最期の ‶教育” なのです。